敬老の日

敬老の日の意味ってなに?

国民の祝日に関する法律によると、敬老の日は
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」
とされています。
老人とは何歳以上の人のことを言うの?

 

それでは、この「老人」というのは、
何歳以上の人のことを指すのでしょうか。

 

老人福祉法(1963年制定)では、65歳以上を「老人」と定めています。

 

また、老齢年金も65歳から支給されますね。

 

これらのことを考慮すると、「老人」とは65歳以上の人のことを
指しているとも考えられます。

 

でも、現代に基準からすると、65歳はまだまだ若々しく、
「老人」と呼ぶのはちょっと相応しくないような気もしますね。

 

また、実際に、65歳になったからといって、ご本人たちが
「敬老の日」を祝って欲しいと思うかどうかということもあります。
敬老の日は孫から祝うことが多い

 

このように、敬老の日を祝ってもらう「老人」という定義が曖昧なため、
一概に、敬老の日を「何歳から」祝うとは言えないのではないでしょうか。

 

一般的には、「孫が生まれてから」とか「孫から祝う」という場合が
多いようなので、それこそ40代の若いおじいちゃん・おばあちゃんも
いらっしゃいますし、年齢もさまざまなようですね。

 

このような場合には、若いおじいちゃん・おばあちゃんでも、
孫たちから「ありがとう」という感謝の気持ちを伝えられて、
嫌な気分になるということもあまりないのではないでしょうか。

 

こういったことから、敬老の日は、
「孫たちがおじいちゃん・おばあちゃんに感謝の気持ちを伝える日」
として、お祝いをする家庭が多いようです。

 

もしも、お孫さんがいない家庭の場合には、「母の日」や「父の日」
あるいは「誕生日」のお祝いをしてあげるということでも
よいのではないでしょうか。

 

いずれにしても、老人になったからお祝いをするということではなくて、
日頃の感謝の気持ちを伝えるということが大切なのではないでしょうか。
ベストケンコーの姉妹サイトユニドラで買った医薬品をプレゼントしてもいいかもしれませんね。